Blog
イベント
2018.09.20

こんにちは、「住んでからのリビタ」担当の斎藤です。
昨年大変ご好評いただきました「インテリア蚤の市」、8月25日(土)26日(日)に今年も開催しました。
この「インテリア蚤の市」は、リビタのモデルルームで利用した家具や照明、食器や花瓶などの小物を、リビタの住まいの購入者・入居者様やリビタメンバーズの皆様限定で販売させていただくイベントです。




今年は、リビタオフィス1Fがリノベーションされ、よりインテリアショップのような雰囲気に。昨年一番人気のソファー。今年は数をかなり増やしました。




そして、日本の古道具、古家具を扱う「antiques STEREOGRAPH」と
オーガニックフレグランスのワークショップ「blend-lab」。
“住まい”を発展させる2つのショップも出店。
インテリアに留まらず、さらに暮らしを豊かにするアイテムを提案していただきました。
 



11時オープン前には残暑の中、多くのお客様にお集まりいただき、いよいよオープン。
やはり昨年人気のソファーは、次々と「SOLD」の札が貼られていきます。
 



普段、お客様とお話しさせていただくブースも、内装テイストに合わせたインテリアを設置。まるでモデルルームの一室のよう。

 


100円、300円、500円均一料金の小物コーナー。今年は、食器類が充実。
 
 
2日間で150組を超えるお客様にご来場いただき、ほぼ完売状態でした。ありがとうございました。このイベントへのご期待の声も多数いただき、店長としてはうれしい限りです。
「住んでからのリビタ」では、これからもリビタの住まいの購入者・入居者様やリビタメンバーズの皆様の“暮らしの楽しさを広げる”取り組みを行ってまいります。是非ご期待ください。