ニュースリリース

2016.09.29

7年連続受賞!「2016年度グッドデザイン賞」2プロジェクトで受賞

7年連続受賞!「2016年度グッドデザイン賞」2プロジェクトで受賞
一棟丸ごとリノベーション分譲マンション「リノア三鷹」、中古住宅購入プラン「トラスム」


 株式会社リビタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:都村智史)は2つのプロジェクト、取組みにおいて「2016年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。一棟丸ごとリノベーション分譲マンション「リノア三鷹」は住宅・住空間カテゴリーで、中古住宅購入プラン「トラスム」は、ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイスカテゴリーでの受賞となりました。本受賞をもって7年連続のグッドデザイン賞受賞となりました。今後も、くらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへ導く「よいデザイン」を目指して、リノベーション事業に取り組んでまいります。
 

■一棟丸ごとリノベーション分譲マンション「リノア三鷹」 (左写真)
WEB サイト : www.m-village.jp
築25年の店舗・事務所区画付賃貸住宅を一棟丸ごとリノベーション分譲マンションとして再生、商店街沿いの立地特性を活かし「商店街=パントリー」など「街も共用部も住まいの一部と見立て、使いこなす暮らし」を提案した。「家を買う」から「暮らしの場を買う」という考え方のリノベーションで、人が都市に集い暮らすことの価値を拡大した。

《賞審査委員による評価コメント》
​「家を買う」という発想ではなく、「暮らしの場を買う」という発想は非常に現代的であり、そこに立脚し、その共生のあり方を模索する姿勢に共感を得られる点が評価された。


■中古住宅購入プラン「トラスム」 (右写真)
WEB サイト : www.rebita.co.jp/torasumu
試着や試食と同様、試しに住み、物件を知ってから購入できる住宅購入の新しい仕組みである。購入前に最大3年間試し住みすることで、周辺環境、コミュニティ等を体感した上で購入でき、支払済賃料の一部を購入に充当できる仕組みを実現。従来の「買う」「借りる」だけの住宅選びから、お客様も納得できる、新しい暮らしの選び方を提案している。 ※「トラスム」は商標登録出願中です。

《賞審査委員による評価コメント》
住宅の購入を「試す」という考え方は、これまでにない新たな住まい選びの提案である。実際に住み、自分にあった環境かどうかを体験できるということは、人生最大の買い物である住宅購入に確実な納得感をもたらしている。試せる期間も3年間と長く、地域住民も参加可能な交流イベントの開催や、条件はあるもののDIYによるの改装も可能であったりと、まさに自分の家のように住居と向き合うことができるのも良い。また、試す期間に支払っていた賃料の一部が、購入する際の資金に充当できるなど、中古住宅と住まい手との距離を近づけている。こうしたサービスは今後のストック型社会において、市場の活性化をもたらす優れたモデルケースになるであろう。



●ニュースリリース詳細はこちら
 https://www.rebita.co.jp/files/160929nr_gda2016.pdf


【お問合せ、ご質問、取材のお申込み、画像・素材のお貸し出し】
 株式会社リビタ PRコミュニケーションデザイン部 石川・木内
 Tel:03-5468-9214
 Fax:03-5468-9226
 Mail: pr@rebita.co.jp
最新物件情報を優先的にお届け! ReBITA members 会員の登録はこちら
facebook ReBITA公式ページはこちら