リノサポが大切にしていること

「あなたらしく」だけでは、
暮らせないことを知っています。

  • 理想の住まいはなんですか?

    カフェみたいな部屋に住みたい。
    家族の顔が見えるように壁はなくそう。
    立地は妥協しても内装は妥協しない。
    建物は古いけど部屋が素敵ならいい。

  • それって、本当に幸せですか?
    リノベーションに求めるお客様のニーズは様々。
    そしてリノベーションには、その願いを叶えるチカラがあります。
    しかし、リノサポは「今の理想を叶える」だけを成功とは考えません。
    将来の住みやすさ、長く住み続けられる耐久性、
    中長期的な資産性、それらを考えないリノベーションはおすすめしません。
  • リノサポが考えるのは、未来です。
    目に見えない部分の耐久性や安全性を損なう恐れはないか。
    家族が成長した時まで、しっかりと修繕の計画がなされているか。
    この家を離れることになった時、十分な資産価値を保てるのか。
    10年後、20年後、その街の将来性はどうか。
    あなたの未来の暮らし方まで引き出し、整理し、最適な選択肢をご提案します。
  • リビタのリノサポは
    建築・リノベーションの知識と、不動産・中古住宅の知見、
    さまざまなリノベーション事業で培った経験と技術を持つリビタだからできる
    コンサルティングで、今と未来の理想を叶える
    それが、リビタのリノサポです。

リノサポコンサルタントの実例

リノサポコンサルタント 大嶋亮の場合

Consultant
リノサポコンサルタント
大嶋 亮の場合

リノサポをお届けする 株式会社リビタとは?

リビタは、「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物を活用するリノベーションによって、新しい暮らし方や住まいの選択肢を提案しています。近年では、住まいにとどまらず、「旅する」「働く」「集う」「学ぶ」といった領域で、暮らしを豊かにする住まいづくりや場づくりを行っています。また、京王電鉄グループの一員として沿線の価値向上にも取り組んでいます。

リビタが考えるくらしのスタンダード

「これからの住まいに求められるものは何か?」をゼロベースから考え、5つの「くらしのスタンダード」を策定。この価値軸をもとに様々な取り組みを実践し続けています。

  • Lifestyle literacy|くらしを楽しむ、学びがあること
  • Energy management|地球、環境にやさしいこと
  • Lifecycle cost|むりなく、合理的に続くこと
  • Local environment|街や地球とくらすこと
  • Community|体験や喜びを共有する仲間がいること

リビタのリノベーションノウハウ

建物一棟のリノベーション(70棟以上)や、戸建てやマンションのリノベーション(2,500戸以上)、商業施設、賃貸住宅など、豊富なリノベーション実績を誇るリビタには、他社にはない独自のノウハウが蓄積されています。それは、管理や修繕状況・計画の調査・目利き、リノベーション物件の価値を活かした売却まで、リビタならではのサポートへと繋がっています。
※2017年3月31日現在 コンサルティング物件を含む

個別相談のご予約