ニュースリリース

2018.10.09

リビタとSMBC信託銀行が住宅ローンにおいて提携開始|最大5億円まで借入可能な高額不動産向けの住宅ローン

リビタとSMBC信託銀行が住宅ローンにおいて提携開始
最大5億円まで借入可能な高額不動産向けの住宅ローン

 
 
株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役:川島 純一)は、株式会社SMBC信託銀行(本社:東京都港区、代表取締役社長:藏原 文秋、以下、「SMBC信託銀行」)と、住宅ローンにおいて提携を開始いたしました。
これにより、お客さまは当社を通じて、最大5億円までお借入れが可能なSMBC信託銀行の住宅ローンをお申込みいただけるようになりました。
 
▲190㎡超の専有面積をもつリノベーションマンション「ウッドヴィル麻布」

2013年より当社では、都心の100平米超の面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを厳選の上紹介するサービス「R100 TOKYO(読み:アールヒャクトウキョウ)」を展開しており、2018年3月末時点で、計147戸のマンションを供給しています。
 
現在首都圏では100平米を超える高価格帯のマンション供給量は少なく、新築ではマンション供給量全体の1%~2%程度、中古物件では、約4%しか存在しません(東京カンテイ調べ)。一方で、首都圏で100平米を超える物件のニーズは高く、日本に居住する外国人を含む、富裕層からの需要がより一層見込まれています。
SMBC信託銀行の住宅ローンは最大5億円までのお借入れが可能で、かつ外国人対応の専門チームによる英語でのサポート体制を構築しています。当社は、SMBC信託銀行と提携することで、高額不動産を購入されるお客さまを含め幅広いお客さまの資金調達をより一層サポートすることが可能となりました。
 
当社では今後も、都心100平米超のマンション供給を強化するとともに、お客さまの様々なニーズにお応えできる体制の推進と満足度の向上を図ってまいります。


 
【ニュースリリース詳細はこちら】
https://www.rebita.co.jp/files/20181009_prestia.pdf


【リビタへのお問合せ、ご質問、取材のお申込みはこちら】
株式会社リビタ PRコミュニケーションデザイン部 石川
Tel:03-5656-0083
Mail: pr@rebita.co.jp