趣味を大切に生きるためには、住まいのあり方も変わってきます。自分と家族がストレスなく趣味と共存できるための収納の考え方や、しまうだけではなく楽しむためのレイアウトなど、押し付けにならず、心地よく暮らせる空間を作れば、図書館のように本に囲まれる暮らしも、ギャラリーのようにお気に入りのアートに囲まれる暮らしも実現できます。

将来生まれる新しい趣味や、変わっていく趣味に対応できる空間の余白も、一見無駄に見えて大切な、住まいの要素です。