住まいを使うのは、毎日暮らす家族だけではりません。 仲の良い友人たちを招いて、楽しい時間を過ごす場所になるのも、住まいの役割です。

そう考えた時、間取りにも機能にも導線にも、違った機能が生まれて来ます。仲間とわいわい料理を作りながら楽しめる。ゲストの快適さと家族のプライバシーをどちらも大切にできる。気持ちよく友人を招くことができる住まいは、いつもの暮らしも豊かになる住まいです。