一人で暮らすなら個室は必要ないという考えから生まれた、仕切りのないワンルームの提案です。

江東区にあるT邸は、玄関から土間でつながる通路の両サイドに、洗面室・バスルームと、上に畳の寝室・下が収納スペースになったボックス型のロフトを置いています。このロフトでゆるやかに空間を仕切りながら、リビングダイニング・キッチンまで土間がつながる仕切りのない住まいになっています。寝室や収納スペースなど、プライベートの空間を仕切りに使いながら上手に隠すという巧みな要素の配置で、快適なワンルームを実現しました。

一つの空間でも、壁や天井の一面を別の色に塗装したり、床材を変えたりすることで緩やかにゾーンを分けることは可能です。
また、インテリア兼間仕切りという発想で、本棚や植物を置いたり、好きなファブリックを吊るして間仕切り代わりに使うのもアイディアの一つ。

ワンルームというシンプルな空間は、その開放的な空間に自分なりのエッセンスを入れることで、居場所が多様になるオリジナリティのある住まいがつくれそうです。