東京都港区芝浦4丁目のリノベーションマンション実績 | リビタの住まい

マンション

三田ナショナルコート

東京都港区芝浦4丁目
専有面積:55.80㎡
建築年:昭和57年

白TシャツにGパンをさらっと着こなす大人のカフェ風住戸


田町駅と三田駅の2駅利用可能と好立地。線路の下を通れば「泉岳寺」駅も徒歩圏内です。
更に、2020年に開業と言われているJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」駅にもほど近く、開業後はこの駅が最寄駅となりそうです。
再開発も進む中、人気が出てきてしまう前の今のうちに!?
 
当マンションの目の前には東京湾へと繋がる運河が流れていますので、毎日お散歩気分で家路に着けそうです。
休日にはその運河沿いをお散歩しながらT.Y.HARBORでランチなんていかがでしょうか。
運河の近くには「英字新聞の碑」なんてちょっと珍しいものも。
 
管理人さんは月曜~土曜の朝8時~20時までの勤務と安心の管理体制。
平成26年に大規模修繕工事も行われ、共用部もきれいに管理されている印象を抱きます。
 
白を基調とした室内は、ブラケット照明やデニム色のアクセントクロスにより
大人っぽいクラフト感を演出したカフェのような内装に仕上げました。
カウンターに座って、ゆっくりとコーヒー片手に外を眺めたり、読書をしたり…
閉店時間だからと追い出されることもありません。思い思いの時間をお過ごしください。
 
ご紹介の住戸は、棟内でも希少なレインボーブリッジを臨める住戸です。
リビングの窓には囲むように木が施工され、まるで「額縁」のよう。
季節や天候で日々変わる外の景色を絵画のように楽しめる、粋な演出。
再開発エリアの変わりゆく街の様子も家の一部かのように取り込み、日々を過ごしたらなんだか心にゆとりが生まれそう。
 
リビングと洋室1は引き戸を開けることで約19帖の広々とした空間としても使えます。
また、洗濯機置き場はカーテンで目隠し可能なので、見えてしまうのはちょっと…という方もご安心ください。
 
丸ノ内や銀座でショッピングの帰りにカフェで休憩ではなく、
コーヒー豆を買って自宅で挽いてほっと一息。 
そんな生活いかがでしょうか?
 

図面

事業・ブランド