東京都渋谷区恵比寿南2丁目の中古リノベーションマンション事例 | リビタ【京王グループ】

マンション

恵比寿ベネヴィア

東京都渋谷区恵比寿南2丁目
専有面積:92.91㎡
建築年:平成1年

暮らし発想リノベーション第三弾物件!
『集う・囲う・変化する』今もこれからも最適な暮らしの提案

【3Dウェブ見学開催中】
室内を3Dウェブ見学いただけます。下記URLにてぜひご体感くださいませ
https://my.matterport.com/show/?m=b79QGj9TUk5

恵比寿と代官山の間に位置し、商業の面白さを限りなく享受できる「恵比寿南」。
本件は商業エリアから少し道を入り、住宅地としての性格濃い穏やかで気品を感じるロケーションに位置します。
今回のテーマは「今もこれからも最適な暮らし」
夫婦二人暮らしから家族の増加など暮らし方や家というものの役割が将来的に変化しても、住まいも柔軟に変わっていく余地のある、現在進行形で最適な暮らしを
実現できることを目指しました。
 
【室内のポイント】
■設計担当の建築家コメント
設計:アラキ+ササキアーキテクツ(リビタパートナーメンバー)
■囲みスタンド・回りスタンド
彩り豊かな恵比寿の街、忙しく働く夫婦のつかのまの愉しみ時間は、気の知れた友人との「休日の集い」。
街に繰り出して食事をするのも良いけれど、たまにはこだわりの自宅に人を招き、ゆったりとした寛げる時間を過ごしたい。
囲みスタンドは、家族や友人との会話を誘発しながらキッチンの作業台にもLDK収納にも、仕事スペースにもなりうる多機能を持ち合わせます。
回りスタンドは構造上撤去できない壁を有効活用。囲みスタンドの役割を踏襲しつつ、お気に入りのものをディスプレイする機能を持たせました。
LDK入口で一家の主や来客者を出迎える「ウェルカムウォール」のような役割も演じることを目指しています。
RC壁構造を逆手にとった回りスタンドと、IHヒーターが埋め込まれた囲みスタンドが、止まり木のような拠りどころとなり、自然と人が集まるきっかけをつくります。
 
■こもりコーブ
個室を「隔てる・分ける」という機能は、一般的には「壁」で仕切りますが、既成概念を取り払い、コーブ(洞窟)と見立てた
「少し閉塞的なもうひとつの居場所」で各々のスペースを緩やかに創出することを目指しています。
このこもりコーブは天井も低く、質感のある木質材料で構成されていますので読書をしたり物思いにふけたり、と独善的な空間として家に奥深さを与えます。
いまの暮らしで部屋を隔てる必要がなければ個室のなかにまた新たなエッセンスとして機能し、将来的に個室を増やす際には、収納スペースとして部屋を隔てる
こともできる、変化に富んだ場所としています。
 
【物件のポイント】
 ■恵比寿・代官山・渋谷が至近生活圏ながら穏やかな環境性
東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅から徒歩4分で東横線「代官山」駅までも歩いて10分。
東急バス「防衛省技術研究所」停留所も徒歩2分で各線「渋谷」駅行きのバス便も利用可能です。
 
■三方角部屋・内廊下型住戸
南西・北西・北東に開口部を有し、光と風の通り抜ける室内は普遍的な心地よさを感じることができます。
各フロア2住戸のみ、内廊下を経てお部屋に入るプライバシー性高い安心感もあります。
 
【暮らし発想リノベーションマンション第三弾物件】
画一的な住まいづくりから脱し、2人のため、1人のため、家で仕事をする人のため、料理好きのためetc
それぞれの家に住む人・暮らし方を想像し、そこに存在する思いを形にし、課題を解決するリノベーションマンション。
これまでリビタがお客様とともに実現してきた2500以上の住まいと今一度向き合い、その中の住まいづくりアイデアをまとめあげ、そこにリビタの考える暮らしの提案を掛け合わせながら気持ちのいい空間を、暮らしやすい空間を創り出しています。
〇第一弾物件 離合集散のふたり暮らし(https://www.rebita.co.jp/gallery/project931
〇第二弾物件 パワフルキッチンのある家(https://www.rebita.co.jp/new/project973
〇第四弾物件 子供の成長と共に育つ家(https://www.rebita.co.jp/new/project1003
 
暮らし発想リノベーションウェブサイト

図面

事業・ブランド