東京都立川市の中古リノベーションマンション事例 | リビタ【京王グループ】

マンション

築49年ビルを時代と家族に合わせてー耐震補強・2世帯住宅ー

東京都立川市
専有面積:452.59㎡
建築年:1971年

耐震補強と大規模修繕で建物を再生。2世帯住宅にする。

昭和46年にオーナー様の御父様が新築され、
当時は1階で店舗経営、3階に数戸の1DK賃貸、2階をご自宅としてお住まいになられており、
お店を辞められてからは1階をテナントへ賃貸に出されていました。

<既存状況>
屋上防水の劣化や外壁タイルの浮き、鉄部の錆び等、既存建物は健全とはいえない状況。
数年前に耐震NGの診断結果を受けており、新築時の検査済証も未取得でした。
屋上や外壁のあちこちに大きなダクトや高架水槽等、古く使われなくなった設備が残っており、
昨今の大型台風等で近隣に迷惑を掛けないか、オーナー様も憂慮されていました。

<計画立案>
耐震補強工事と大規模修繕を行うために、
補助金を活用しながら予算内でどう進めていくか、山積の課題を整理しながら
既存調査と計画立案を丁寧に行いました。

<計画推進>
お客様のご要望と建物の既存状態等を踏まえて、
コンサルタントと設計パートナー、施工パートナーとともに「調査業務」を行い、
建物の権利関係の確認、資金計画(融資・補助金)、建物の劣化状態、必要と思われる工事及びコスト、リスクの洗い出し、それらに応じたスケジュールをお客様へご提案し、リノベーションを推進しました。

<建物再生>
建物は、現在の家族構成や暮らし方に合わせて、機能面でも法適合面でも再生。
オーナー様ご夫妻と子世帯の2家族6人が住む2世帯住宅へ、1階テナント店舗を残しながら生まれ変わりました。

玄関のガラスブロックや屋上の手すりは既存を活用し、新しくすべきところは新しくしながら、
建物全体の雰囲気や歴史を継承することも大切にしています。


<主な工事内容>
・屋上防水
・外壁塗装、石張り
・鉄部塗装
・断熱材の吹付け
・カバー工法によるサッシ交換、インナーサッシ設置
・給水方式:高架水槽式→水道管直結型に変更
・電気設備系統の整理
・各階間取りの変更
…etc


居住者構成:2Family + テナント
リノベーション対象床面積:452.59㎡
建物構造:鉄筋コンクリート造
建物竣工年:1971年
リノベーション完了年:2020年
間取り:賃貸+住宅+テナント → 2世帯住宅+テナント
設計期間:7
ヶ月
工事期間:7ヶ月
コンサル内容:ご所有物件をリノベーション
リノベーション内容:フルリノベーション
利用サービス:リノサポ
担当コンサルタント:山田笑子

事業・ブランド