東京都港区南青山5丁目の中古リノベーションマンション事例 | リビタ【京王グループ】

マンション

シャトー東洋南青山

東京都港区南青山5丁目
専有面積:71.16㎡
建築年:昭和46年

自分色に染める暮らし

港区の中でも人気の高い「南青山」のヴィンテージマンション・シャトー東洋南青山。青山通りから接続し、落ち着いた華やかさをもつ骨董通りから1本入った場所に位置します。玄関から連続する壁面のギャラリーは、通常よりも大きな棚板で設えました。シンプルなグレーの背景に多様なコレクションが映え、住まい手を表します。家の中の公私は明確に分離しており、隠したい生活感を抑えることも。自らの手で染め、表現していく住まいのご提案です。

■ デザインのこだわりポイント
#アートギャラリーのような住まい
玄関を開けると、奥まで続く約10mの巨大な壁面に造作されたコレクション棚。好きな現代アートや旅行で出会ったインテリア雑貨など、これまで集めてきたけど置き場所に困っていたコレクションたちを余すことなく飾れるようにデザインしました。家のどこにいても好きなものを感じられることで、家にいる時間がより一層心豊かになります。
#プライベートとパブリックをとことんを切り分けたプランニング
約25帖の開放的なLDK空間は、多くの友人を招いてもストレスにならないゆとりを持たせています。好きなものに囲まれる暮らしだからこそ、生活感の出やすいベッドルーム・収納・バスルームなどはプライベートゾーンで完結できるようなレイアウトに設計。人を招く時も、プライベートな時間もどちらも両立できる住まいです。
#あくまで主役は「人・モノ・景色」に
内装の装飾や派手な要素はとことんそぎ落としグレートーンを基調とした空間に仕立てることで、どんな家具やお気に入りのものを置いても映えるような空間に。深みのある色のチーク材フローリングは、窓から見える敷地の緑と抜けた空をさらに引き立てています。

■ 「南青山エリア × 眺望」という希少性
#表参道駅から徒歩5分のヴィンテージマンション
駅から骨董通りまでの賑わいのあるエリアを抜けて、青山学院大学の裏手にあたる本エリア。利便性も高いながら穏やかな住宅街です。共用部の管理状況も良く、数あるヴィンテージマンションの中でも今もなお高い人気を集めています。
#ゆっくりと空の移ろいを眺められる贅沢な時間
ただでさえ募集物件数が少ない南青山エリア。日当たりや眺望を求めると、なか巡り合えないことも多いなか、南東向きである上に、5階にして目前に建物がない当住戸。木々の緑が目に入ることも心地よさを増幅させます。都心にありながらゆっくりと空の移ろいを眺められる時間は贅沢そのものです。

■ 暮らし発想リノベーションマンション とは
本物件は、リビタで自由設計をされた実例・2,500件以上のアイデアを得てつくる、リビタのリノベーションマンションシリーズ「暮らし発想リノベーション」のひとつです。
家族構成も、ライフスタイルも違うすべての人を意識した画一的な住まいではなく、2人のため、1人のため、家で仕事をする人のため、料理好きのためなど、その物件に住む人を想像し、暮らし方を想像し、その人たちにとって気持ちの良い空間、暮らしやすい空間を提供しています。

詳しくはこちら:https://www.rebita.co.jp/kurashireno/

図面

事業・ブランド