BLOG ヒト・コト・シゴト

  • アートのある暮らしを考える。
”HEY!ART@下北沢ケージ”イベントレポート!
by ​HOWS Renovation lab.

    HOWS

    アートのある暮らしを考える。
    ”HEY!ART@下北沢ケージ”イベントレポート!
    by ​HOWS Renovation lab.

    最近の休日の楽しみはお肉屋さんのコロッケを食べながらの散歩です。 こんにちは。リノサポ2年目、イイダです。 先日、HOWS Renovation lab.の活動の一環で、下北沢ケージのアートイベントに参加してきました。 下北沢といえば歩き回ってこそ楽しい街。イベントを知って来ていただいた方も、歩いてたらたまたま出くわした人も、お越しいただいたみなさんのたくさんの素敵な笑顔を見ることができました。 そんなイベントの模様をレポートします! △下北沢ケージ 京王井の頭線の高架下を活用した、期間限定のイベント広場。 下北沢らしい街に開かれた空間で、マーケットが開かれたり映画を上映したりと、刺激的なイベントが開催されています。 今回のイベントは、アートのあるライフスタイルを提案しているウェブマガジンPLARTさん主催の、『HEY!ART』という参加型アートイベント。2回目となる今回は、”ANYTIME”をキーワードに、”変わるもの、変わらないもの”がテーマでした。 ⇒PLARTさんのイベントレポート ⇒イベントのショートムービー HOWSがずっと持ち続けているテーマは、“自ら丁寧に手を入れる暮らし”。 ”ANYTIME”というキーワードに共感してくれるはず!と、今回お声掛けいただきました。 今回、HOWS Renovation lab.は久保田沙耶さんとコラボレーションしてワークショップを開催。 久保田さんは瀬戸内芸術祭で「漂流郵便局」を手掛けるなど、いま、各所で活躍されている現代芸術家です。 作品をつくるときに、”時間軸”を大切にされているそうで、古きを生かす、時間軸をずらすようなリノベーションと、それに丁寧に手を入れて造り続けていく姿勢に共感していただきました。 百聞は一見にしかず、ということで、是非こちらのHPもご覧ください。⇒久保田沙耶さんHP 私たちが企画したのは『つくってかざろう!建材絵画』というワークショップ。 油絵などに使う白いキャンバスに、タイルや壁紙などの建材サンプルを張り付けてアートをつくります。   すごく単純なようですが、考え始めると止まらないもので...。 デモンストレーションで私もやってみましたが、ただただ楽しいんです(笑) △大人たちも夢中です つくる前に必ず皆さんに伝えていたのが、 「どこに飾りますか?」 「飾る場所をイメージしてつくり始めてください!」 ということ。 たとえば、「トイレに飾るから落ち着いた色を使おう。」とか、「壁紙がネイビーだからそれに色味を合わせよう。」だとか。 それぞれの生活の中に頭が一瞬だけワープするような、そんな想像がこのワークショップをより楽しくしてくれます。 “アート”と、それを飾る“暮らし”はきっと強く結びついているもので、切り離して考えてはいけないと思うんです。 △キャンバスを切り開く方も 本当は身近なのに意外と知らない建材のことも知っていただきたい!という想いもあります。 暮らしをかたどっている建材は、間近で見ると意外と可愛かったり、ゴツゴツしていたり、触った前と後では意識が変わってくることもあるのかもしれません。 ちなみに久保田さんは「外壁のタイルを見る目が変わった!!」とのこと。 △左が久保田沙耶さん    △たくさんの笑顔をいただきました!右はみなさんの作品たちです。 以前ブログを書いた「こども暮らし探検隊。」で、“住育”という言葉を挙げました。 住まいは専門家が作るものではなくて、暮らし手である自分たちが育てていくもの。 語学や歴史を学ぶように、もっと身近に、もっと自然に住まいの事も学び、考えるべきだと思っています。 今回のワークショップでのメッセージはすごく小さくて些細なことですが、暮らしをより豊かにしたいと考えたり、見つめ直すきっかけになればうれしいと思っています。 そして、なんとこのワークショップ、7月1日(土)2日(日)に渋谷ヒカリエ8階で開催される『リビタのリノベーション展』でも出張開催することが決まりました! アートのある暮らしや住育の考え方を広めるべく、この建材絵画は今後もいろんな場所で開催していく予定です! 少しずつ進化しながら、みなさんに楽しんでいただけるように。。 今後も乞うご期待ください!

    続きを読む

  • 【西葛西リノベーションプロジェクト】
 現場レポートvol.1
「モデルルーム工事が始まりました!」

    一棟丸ごと

    【西葛西リノベーションプロジェクト】
    現場レポートvol.1
    「モデルルーム工事が始まりました!」

    こんにちは。一棟まるごとリノベーションマンションの企画・建築を担当している山本です。  先日こちらのブログにて、東京23区内で、今年の夏から販売予定の、 一棟まるごとリノベーションマンションが3プロジェクト企画進行していることをお伝えしましたが(そのブログはこちら→)、そのうちの一つ、西葛西リノベーションプロジェクトでは、早速モデルルーム工事が始まっています! 本プロジェクトの魅力を皆様にお伝えすべく、定期的に現場レポートを配信していく予定です。 本日は第1弾としてモデルルーム工事レポート[解体工事編]と西葛西のまちレポート[公園編]をお届けしたいと思います。   一棟まるごとリノベーションマンションは、お客様により快適に永くお住まいいただきたいという想いを大切にしています。 また、内装改修にあたり、既存内装を解体した時点で、企画、設計、施工、設備の視点でプロたちが建物の検査を行います。   上写真)解体途中の様子を撮影したものです。 そこでは、床・壁・天井仕上げの中に隠れていた配管や躯体の状態を、プロそれぞれの視点で確認し、設計通りのお部屋がつくれるか、最適な改修方法はどんな方法かなどを検証していきます。 今回の解体検査では、コンクリート躯体の状態や設備の位置・寸法など設計通り施工できることを確認でき、メンバー一同、ここで出来あがるモデルルームでお客さまの笑顔が見られる日まで、良いものづくりを地道につづけていこうと意を新たにしたのでした。   ・・・ 次に、私山本の視点でみた、西葛西のまちレポート[公園編]を、少しだけご紹介させていただきます。   西葛西のまちを歩いていて、魅力に感じることのひとつは、 それぞれ特徴を持った、大小さまざまな公園や緑道がまちの中に点在していることです。   地図でまちを上から見ると、江戸川区内に散らばって、公園や緑道があることがわかります。   えどがわマップ 電子地図サービス https://www.city.edogawa.tokyo.jp/map/index.html   私山本がオススメする公園(江戸川区内)を簡単にご紹介いたします ① 葛西臨海公園 まず最初に、都内で3番目に大きな公園である「葛西臨海公園」です。「葛西臨海公園」には、水族館や鳥類園、観覧車、バーベキュー場などの施設があり、ご家族やお友達とのレクリエーションにオススメです。葛西臨海公園から橋を渡った先にある葛西海浜公園は、春の潮干狩りの人気スポットでもあります。 ② 新左近川親水公園 次にご紹介したいのが「新左近川親水公園」です。この公園には大きな水面があり、貸しボート場もあるため、スワンボートやコーヒーボートに乗って遊ぶことができます。また、バーベキュー、デイキャンプ場があり、都内23区にありながら、十分に自然を感じて時間を過ごすことができる公園です。 ③ 宇喜田公園・江戸川区自然動物園 最後は、動物園が隣接する「宇喜田公園」です。宇喜田公園には、スポーツ広場や野球場、フラワープロムナードなどがあり、いつも地元の方の憩いの場となっています。また、水面がきれいな池のある庭園でお散歩したり、隣接する自然動物園では、レッサーパンダやペンギンを見たり、ヤギと実際にふれあうことができたりと、コンパクトで充実した動物園を楽しむことができます。 個性豊かな公園がたくさんある江戸川区、私自身、知るほどに住んでみたくなるのでした。 西葛西リノベーションプロジェクトのブログ第1弾はいかがでしたでしょうか。 今後も、モデルルームの内装工事の過程や江戸川区西葛西のまちの魅力をより掘り下げてご紹介したいと思っていますので、ぜひ、このヒト・コト・シゴトブログをときどきチェックしてください!    また、西葛西リノベーションプロジェクトに興味がある! そもそもリノベーションて何?と思う方におすすめのイベントがあります。 イベントは「自分らしく、賢く暮らす、リビタのリノベーション展」 プロジェクトの発表も兼ねたリノベーションセミナーは以下の時間で開催します。 7月1日(土) 11:00~12:10/15:00~16:10 7月2日(日) 11:00~12:10/15:00~16:10 各回定員40組の予約制ですので、お早めにご予約下さい。 ご予約はこちらから                   ↑↑↑リノベーション展の詳細はこちら↑↑↑ リビタの会員になることで、このプロジェクトの情報を先行してお届けします! 会員登録ページはこちら https://www.rebita.co.jp/member/ 会員登録後はこちら~限定情報公開中~ https://www.rebita.co.jp/private/  

    続きを読む

  • 一棟まるごとリノベーションプロジェクトの「仲間」

    一棟丸ごと

    一棟まるごとリノベーションプロジェクトの「仲間」

    皆さんこんにちは! 一棟まるごとリノベーションマンションの企画を担当しておりますリビタ新人西本です。(2回目) 今回は好評につき第2弾!! (え、好評ではないって?  社内では好評だったんですよ、、とても) 第1弾はこちら→vol.1【渋谷と「暮らす」を考える】 私が担当している一棟まるごとリノベーションマンションのプロジェクト推進は、 たくさんの方々と一緒に協同しながら行っています。 社内のメンバー、広告代理店、販売会社、設計会社、施工会社etc...。 そこで西本は思いました。。 一緒に一棟まるごとリノベーションマンションを1から作っていくのだから、単なる関係会社の人なんていう言葉ではくくれない、と。 「仲間」 この言葉が一番しっくりくるんじゃないかと思いまして。この題名をつけました。 今回はそんなリビタの「仲間」の紹介をしたいと思います! 猪熊純さん 猪熊さんは、成瀬・猪熊建築設計事務所の設計者さんで、 一棟まるごとリノベーションマンションにおいて建物のデザインやマンションのコンセプトを一緒に考える「仲間」の一人です。 その猪熊さんにリビタと一緒にプロジェクトを進める「仲間」として、先日インタビューをさせていただきました。 お題は、「渋谷と暮らす。」 あれ、どこかで聞いたことがあるかもしれない? 第1弾のブログの題名、、、何も関係はございません。気にしないでください。 シェアハウスやコワーキングスペースの設計を手掛ける猪熊さんの住宅に対しての考え方や、 ご自身の家をリノベーションした際の体験談などなど 普段聞くことのできない、設計者さんの住まいに対しての考えを知ることができました。 インタビューはこちらでご覧いただけます。 ぜひご覧ください。 最後に宣伝!! (ブログとは言えど、宣伝もしたいので、少々お付き合い下さいね) 前回ブログ(vol.1【渋谷と「暮らす」を考える】)にてご紹介した、一棟まるごとリノベーションマンションの概要発表会と同イベント内にて、 成瀬・猪熊建築設計事務所×ReBITA  スペシャルトークイベント「集まって暮らす。」を実施します。 リビタと成瀬・猪熊建築設計事務所。 「仲間」たちがくり繰り広げる暮らしへの思いが聞けるチャンス! 予約につきましては、下記URLをクリックして下さい。 https://www.rebita.co.jp/event/e181 残り2週間を切りましたが、もう少し空席もありますのでぜひご来場下さい。 また、今回ご紹介した「仲間」、成瀬・猪熊建築設計事務所と手掛けるプロジェクト情報はこちら↓↓↓ https://www.rebita.co.jp/private/(→目黒大橋(渋谷)プロジェクトが本プロジェクトです。) リビタの会員になると限定情報が手に入ります! その中で物件をお気に入り登録してくださった方には、 さらに優先して情報をお届けいたしますので、よろしければこちらもぜひ。 次回は西本のブログ第3弾を企画中です。 どうぞお楽しみに。  

    続きを読む

  • 吉祥寺生活圏「東伏見」には、こんなに放課後の居場所があった!【後編】

    HOWS

    吉祥寺生活圏「東伏見」には、こんなに放課後の居場所があった!【後編】

    お店の長文レビューがマイブーム、新入社員の渡邊天磨(右)です。 アクセスや立地だけでなく、まちや人の雰囲気も考慮して住む場所を決めたい! そんなあなたに、今回は「東伏見」のまちをご紹介していこうと思います。 (お隣の駅「武蔵関」の記事はこちら) そこで、ついつい店員さんの接客の様子まで分析してしまう私渡邊が、 練馬区「東伏見」で人間観察・まち観察してきました。     ・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・ 1.「東伏見」ってどんなところ? 2.東伏見の魅力3選  ① スケート文化の根付くまち  ② 準絶滅危惧種の生息する公園  ③ 家族で乗れる格安ボート 3.おわりに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   1.「東伏見」ってどんなところ?   「東伏見」という地名・駅名は、京都の伏見稲荷大社の分霊を勧請して創建された、 「東伏見稲荷神社」に由来します。 隣の「武蔵関」同様、「新宿」駅まで西武新宿線で約25分、 吉祥寺まで自転車で約17分の場所です。   駅周辺には、武蔵関公園やスケート場、プール、野球場などの アミューズメント施設もたくさんあります。   そんな中から、今回は3つに絞って東伏見の魅力をご紹介していきます!   2.東伏見の魅力3選   ① スケート文化の根付くまち 「東伏見」といえば、まずスケートを思い浮かべる方が多いかもしれません。   浅田真央さんや、安藤美紀さん、織田信成さんなどの 日本代表クラスの方々も利用するスケート場、 「ダイドードリンコアイスアリーナ」が駅に隣接しています。 ※7月14日からは荒川静香さんの出演する大会もあるそうです!   改札を出て階段を下るところや、 駅前の薬局屋さんにも案内看板がありました。 入口付近の何にもない広場は、市民の憩いの場になっています。 大きな木の下にあるベンチはほぼ埋まっており、 休日の午前中、ゆったりとした時間が流れていました。 アイスクリームを片手にだべる女の子たちの会話からは、   「最近スケートやりすぎてお金なくてさぁー」 「そんなにやってるの? もう少し減らしたら?」   と、この地域らしい会話も聞こえてきました。   さらに周りを見渡すと、スケートのジャンプ練習をしている方も! 大会前なのでしょうか、コーチに見守られながらきれいに1回転飛び、 着地のフォームを確認する選手がちらほらといらっしゃいました。   ベンチでくつろいでいる人は、回転練習している人を全く気にかけません。 これには自分は少し違和感を覚えましたが、 それだけスケートがここ東伏見には溶け込んでいるのかもしれません。 少し不思議な感覚でした。   ② 準絶滅危惧種の生息する公園 土曜日の朝10時。天気は晴れ。 駅から歩いて5分ほどの武蔵関公園の中をぐるりと散歩してきました。   公園に入ってまず目に入ってきたのは、揃ってカメラを構えるおじ様方。 どうやら池の上でシャッターチャンスを辛抱強く待っているみたいです。   気になって 「何の写真を撮られているんですか?」 と尋ねてみると、 「カワセミだよ」   チャンスを逃さないためか、一言答えるとすぐにカメラの方に戻っていきました。     カワセミとは、小さな体に大きなクチバシを持つ、「渓流の宝石」とも呼ばれる鳥です。 園内の看板によると、武蔵関公園には12種類もの野鳥が生息しているそうです。   その中でもカワセミは、一時期、水質悪化や護岸工事の影響で 東京から姿を消してしまった準絶滅危惧種に指定されている鳥。 最近ようやく東京にも戻ってきているようです。 これは野鳥家、写真家も集まるわけです。 「カワセミ野鳥倶楽部」なるものがあることにも頷けました。 (今日は3人ほど撮影していました。)   武蔵関公園の自然環境が豊かなだけでなく、 それらを大事にする人たちがいるからこそ、 環境変化に敏感なカワセミも姿を見せてくれるのかもしれないですね。      ③ 家族で乗れる格安ボート 実はこの公園には、伏見池の湧水からできた大きな池があります。 水辺があるとカワセミも集まりますが、今日は親子やカップルでも賑わっていました。 こんなに晴れた日に、とっても気持ちよさそうだなあ。。 次の仕事があるからあと20分で公園を出ないといけないなあ。。 ボートは30分200円。   「10分がもったいない!」なんて気にせず、 勢いで幸せいっぱいの雰囲気に一人飛び込んできました。 漕いでも全然前に進まないな、と思ったら前後反対だったみたいです。 そろそろ降りようというところでおじちゃんが教えてくれました。 初めに言ってほしかった。。   橋の下を潜ったり、木陰で涼むカモの親子に接近してみたり、 力任せに漕いでスピードを出してみたり、下手ながら楽しめました。   実は、東京には池のある公園は山ほどあって、ボートには簡単に乗れます。 注目すべきは料金。 ここは、30分200円で3人まで乗れます。(通常は500~800円) ジュースを買う感覚で親子でボートに乗れるなんてうれしいですね。     3.おわりに ­­ 前回の武蔵関では、お店と店主の紹介がメインでした。 この東伏見では、まちの中で遊べる場所をピックアップして散歩してきました。   今回感じたのは、子どもの放課後の居場所があるまちだということ。詳しくは触れませんでしたが、周囲にはプールや野球場もあります。駅の近くにこんなに遊び場が密集しているまちはそうはないだろうなと思いました。 さらに、2つのエリアに共通しているな、と思ったのは、地元民が長くゆっくり暮らしている、ということ。派手で華美な感じではないけれど、昔ながらの、古き良きコミュニティが根付いているような気がしました。     全2回にわたる私渡邊の散歩ブログはいかがでしたでしょうか。 拙い文章でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 もし気になるお家がある方は、まずそのまちを散歩してみるのもいいかも知れませんよ!   このエリアの物件見学も受け付けております! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ▼武蔵関公園の家 概要 http://hows-renovation.com/forsale/musashizeki/ ▼ご見学予約はコチラから https://f.msgs.jp/webapp/form/18837_nwbb_16/index.do

    続きを読む

  • 永福町ってこんなまち。

    一棟丸ごと

    永福町ってこんなまち。

      ここ最近、ブログでまち紹介が続いていますが、 今回は知っている人が意外と少ない、永福町駅周辺を私、田代が歩きながら紹介したいと思います。 私、一棟まるごとリノベーションマンションの企画を担当していまして、 これまでにもいろいろなまちでお仕事をしていますが、ここ永福町は初めてのまち。 初めてのまちはいつもわくわくします。   ところで皆さんは、永福町駅がどこの沿線か、何区か、ご存知ですか。 永福町駅は京王井の頭線急行停車駅で、杉並区の南端にあります。 新宿から7分、渋谷から9分で着き、それぞれから5km程度の距離に位置する場所なんです。 意外と都心に近いですね。   永福町駅の屋上には「ふくにわ」という屋上庭園があり、そこから眺めると戸建て住宅が広がっているまち並みなのが分かります。 都心に近いながらゆったりとした住宅街ですね。   それではまちを歩いてみましょう。するとさっそく駅のそばに美味しそうなイタリアンレストランが。 入って食べてみると、、、自分の中では生きてきた中で一番おいしいピザでした! (おふくろの味でもここには勝てませんでした!←イタリア人ではありません) どうやら他にも美味しいと有名なお店があるようで、知られざる食通のまちなのかもしれません。   そこから駅前を抜け、閑静な住宅街がひろがる中のんびり歩いていると、突如大きな鳥居が。 安産祈願や、子育て祈願で有名な「大宮八幡宮」。 東京の中心に位置することから“東京のへそ”と呼ばれているそうです。 将来子どもを授かったら安産祈願に来ないといけませんね。   さらに歩いて竹林を抜けると、緑豊かな場所にでました。 ここは川沿いに歩いても歩いても続く善福寺川緑地。 4.2kmも続くそうで、マラソン、サイクリングなどをするにはよさそうですね。 (マラソン嫌いな自分でも始められるかも?) 春は桜があたり一面をきれいに彩るようです。   清々しい気持ちになったところで、本日のまち歩き終了。   永福町は都心と近いのにもかかわらず、ゆったりと過ごせる場所が多く点在していました。 他のルートで今度また歩いてみたいと思います。 そんな永福町で、じつは「まるごとリノベーションマンション」の新しいプロジェクトが企画進行中です。 (なんだ、宣伝か、と思わないでください。) 歩いてみて実感した素敵なまち、永福町。私も本当に住みたいと思いました。 そんなプロジェクトにたずさわれることをとても光栄に思いながら、日々企画に奮闘しています。   永福町プロジェクトに興味がある!そもそもリノベーションて何?と思う方におすすめのイベントが近々あります。 (また宣伝か、と思わないでください。)   イベントは「自分らしく、賢く暮らす、リビタのリノベーション展」 プロジェクトの発表は以下の時間で行っています。 7月1日(土) ①11:00~12:10 ②15:00~16:10 7月2日(日) ③11:00~12:10 ④15:00~16:10 各回定員40組の予約制ですので、お早めにご予約下さい。 ご予約はこちらから                        ↑↑↑リノベーション展の詳細はこちら↑↑↑ リビタの会員になることで、このプロジェクトの情報を先行してお届けします! 会員登録ページはこちら https://www.rebita.co.jp/member/ 会員登録後はこちら~限定情報公開中~ https://www.rebita.co.jp/private/ これらの宣伝を抜きにして、ぜひ皆さん、永福町に足を運んでみてくださいね。  

    続きを読む

最近のエントリ